▼海外駐在の完全マニュアルはこちら▼

子連れで海外へ。日本で買い溜めする荷物集

子供の荷物

日本になかなか帰れない国や、子供の物資の調達に苦戦しそうな国に赴任する場合は、非常に不安ですね。何を準備していけばいいのかわかりません。

また、例えばブラジルだと輸入関税が非常に高く、日本から物資を購入すると大変高額になってしまうという事情もあります。

今回は子供のための引っ越し準備に焦点を当てて、必要なものを整理してみます。

この記事

家族帯同で海外駐在/海外赴任する場合の子供の引っ越し準備

この記事は、過去アメリカ・ブラジルと家族帯同のために引っ越しを僕の経験をもとに執筆しています。

オムツ

これは日本でたくさん買って、船便で送っておきたいですね。やっぱり海外のオムツは通気性が良くなく、かぶれたりすることが多いです。日本製品はその点非常に高品質ですので、なるべく送っておきましょう。

おしりふきは、僕的には現地のものでも問題ないと思いますが、日本製が良いという方は、こちらも大量外して持っていきましょう。

歯ブラシ、歯磨き粉、他

これも日本製のものを大量購入して、送りました。現地の歯磨き粉の味ってどんなものかわからず、子供が歯磨きをしたくないとなるのが嫌でした。

歯ブラシも、日本の豊富な種類の中から、子供が喜ぶキャラクターものを購入して、船便で送りました。

そのほかにも、キシリトールタブレットや、歯間ブラシなど子供用のものをたくさん送っておきました。やはり、現地のものは種類も少ないですし、子供も使いなれていませんので、なるべく日本と同じものを準備してあげました。

靴、お洋服

これらも日本で大量に購入していきました。

子供の足に合うやつと考えるとやはり日本製が良かったことと、現地の靴の値段が高いという事前情報から、成長した場合を備えて、サイズ別にいくつか事前に購入しました。

衣服も同様で、5cm, 10cm刻みで、成長しても大丈夫なように購入していきました。

絵本、教育用のテキスト、図鑑

絵本なども、年齢に応じて変わっていきますので、事前にたくさん準備しました。

やはり海外駐在していると、日本語の習得に遅れ出ることを心配します。

また、現地ではなかなか手にはらないので、年齢別ドリルや図鑑もまとめて買って、事前に送りました。

おもちゃ、知能グッズ

事前に新しく購入はほとんどしていませんが、日本のおもちゃを大量に引っ越し荷物で送りました。やはり、ブラジルのおもちゃのレベルは低く、日本のおもちゃの品質の良さに驚きますし、豊富です。

文房具

絵具、ボールペン、マーカーペン、画用紙、塗り絵・お絵描き長、ノリ、ハサミなど日本製買い溜めして送りました。ブラジルにもDAISOなどもありますが、やはり値段が割高なので、日本の100均で大量購入して送るのが割安です。

バリカン、すきばさみ

自宅で子供の髪の毛を切れるように、日本製のものを送りました。

慣れるまでは、現地で床屋に行くのも抵抗があるでしょうから、自宅でも髪の毛切れるように準備しました。

シャンプ、ボディーソープ

弱酸性のものが良かったので、これもたくさん買い置きして送りました。

現地のものでもいいのでしょうが、日本製も安いので、荷物の許す限り送りました。

保湿剤、日焼け止め

現地のよりも、日本製がやはり優れていますので、買い溜めしました。

薬、熱さまシート

子供用の市販薬もある程度見越して買い溜め、子供用の熱さまシートとかも。

終わりに

以上、結構な物資を事前に購入して船便でブラジルへ送付しました。

やはり現地で購入できないもの、もしくは購入できるけど割高なものは、事前に送っておくと良いです。

備えあれば憂いなし、しっかり必要なものを吟味して、海外駐在/海外赴任しましょう。

海外引越【現役駐在員が教える】海外駐在の便利アイテム集【10選】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。