▼海外駐在の完全マニュアルはこちら▼

【絶景スポット】イグアスの滝を観光、ワイルドなアクティビティとダイナミックな自然

皆さん、ブラジルって聞いたら、まず何を思い浮かべますか?

リオのカーニバル、アマゾン、そしてイグアスの滝。ここら辺が有名ですよね。

ちなみに、世界三大瀑布ってどこか分かりますか?

ナイアガラの滝、ビクトリアの滝、イグアスの滝ですね。3大瀑布を制覇した日本人ってどのくらいいるんでしょうかね。ちなみに僕はナイアガラとイグアスの2滝制覇で、王手をかけております。ビクトリアへのチャンスは将来あるのでしょうか。まだまだ人生長いので楽しみです。

話はそれましたが、今回の記事は、壮大な自然が生み出すイグアスの滝とその周辺観光スポットを紹介しましょう。

イグアスの滝観光:イグアス国立公園

イグアスの滝はイグアス国立公園内にありますが、場所はここ。ブラジル、アルゼンチン、パラグアイの3つの国境付近にあります。

最寄りの空港はフォズ・ド・イグアス空港(IGU)で、リオやサンパウロから2時間程度のフライトで到着します。

イグアスの滝

イグアスの滝といっても、ナイアガラのカナダ側、NY側のように、ブラジル側とアルゼンチン側があります。

今回僕が訪問したのは、ブラジル側です。

ブラジルのイグアス国立公園の内部にあり、ユネスコ世界遺産にも登録されています。

ブラジル側の特徴は、段差のある滝の中間の端から滝を見上げたり、見下ろしたりでき、対岸のアルゼンチン側を含めた、滝の全体像を見ることができます。

アルゼンチン側からは、悪魔の喉笛と呼ばれる大きな滝のそばまでいけるダイナミックと聞いています。

ボートツアー:マクコサファリ(Macuco Safari)

ブラジル側の最大のアクティビティがこのマクコサファリ。滝のすぐ近くまでボートで接近して、滝の真下まで行き、全身で滝を浴びるというアトラクション。

これが最高に面白い。写真が水滴だらけでボケて見えますね。

全身びしょ濡れになりますので、濡れてもOKの格好で行くことと、携帯も濡れますのでジップロックなどに入れていくといいですね。あとゴーグルもあってもいいでしょう。

小さな子供がいる場合は、辞めといたほうがいいですね。あまりにも激しいので、子供は泣いてしまうでしょう

ホテル:ダス・カタラタス(Das Cataratas)

イグアス国立公園内にある唯一のホテルです。

国立公園は夕方から明朝まではゲートが閉じられるため、日中のみしか滝を観光できません。ただし、このダス・カタラタス宿泊者のみ、いつでも自由に滝を観光できるという最高の特権を得ることができるのです。

早朝まだゲートが空いてない時は絶好のチャンスで、有名な橋の上で一人で誰にも邪魔されずに優雅に写真を撮ることができます。僕が朝7時前に訪れた時も誰もいませんでした。その時の写真です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-1.png

少しお値段は高く、混雑していますが、是非イグアスの滝に行くなら、このホテルに宿泊ください。

飛行機の座席のおすすめは最前列!長距離フライトもこれで問題なし

ハナグマに注意

南米の中央部の森林や、低地の草原地帯に生息する生き物。この動物が、まぁ滝へ行く道中にたくさんいます。僕は朝早くに誰もいないタイミングで行きましたが、ハナグマが森からゴソゴソ出てくる音に驚きっぱなしでした。

見た目は可愛らしいですが、野生動物なので、噛みつく可能性もありますので、むやみに近寄らずにしましょう。

イグアスの滝観光】 バードパーク(Parque Das Aves)

国立公園のすぐそばに、バードパークがあります。せっかくイグアスに行くなら、バードパークも行ってみましょう。所要は1時間もあれば十分かと思います。

亜熱帯の道を歩きながら、日本では見ることができない鮮やかな鳥や蝶を見ることができますし、ワニなんかもいます。もちろんブラジルの象徴である国鳥ツッカーノも、真近で見ることができます。

イグアスの滝観光】 イタイプダム

その他の観光地として、大迫力のイタイプダムの見学はどうでしょうか。

イタイプダムはブラジルとパラグアイの国境を流れるパラナ川に作られたダムで、びっくりするほど大きく、世界最大規模です。ブラジルは世界でも水力発電で50%以上の発電を賄っています。

観光バスに乗って、英語での歴史ガイドを聴くことができ、壮大な施設に圧倒されることでしょう。途中で、建設ドキュメンタリービデオを15分ほど鑑賞できます。

所要時間は1~2時間ほどで、ぐるっとバスで一周できます。

イグアスの滝観光】 三か国国境モニュメント(ブラジル側)

最後に紹介するのが、ブラジル、パラグアイ、アルゼンチンとの国境です。

イグアス川を挟んで、ブラジルとアルゼンチンが国が分かれ、さらにパラナ川をはさんで、パラグアイが隣接しています。国境モニュメントとして、小さいながらも展望台の施設があり、簡単な軽食とお土産を購入することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。