▼海外駐在の完全マニュアルはこちら▼

【現役駐在員が語る】海外駐在員のストレス原因を徹底紹介

駐在員ストレス

将来海外駐在してみたいけど、激務なイメージだし、ストレスが心配だ!

「華やかなイメージの海外駐在、思ってたのと違うし、毎日ストレスで胃が痛い。。。」

実際に駐在員で飲み行くと、「早く帰任したいわー」なんて愚痴を言い合うことも多いのが現実です。

実際に、前途有望な若手や優秀な人材で期待されていたにも関わらず、海外駐在中を病んでしまい、将来のキャリアを棒に振ってしまった人を何人も見てきました。

これはあまりにも悲しい出来事ですが、事実海外駐在にストレスは常に付いてきます

その割に、自分がどんなストレスを感じているのかを理解している人って少ないんです。
敵を知らずに戦うことはできませんよね。

体調や精神を病む前に、しっかり原因と対策を講じていきましょう。

今回の記事の信憑性

2度の赴任経験との10か国以上の海外出張で、現地駐在の苦労を見てきた僕が執筆しています

海外駐在員のストレスの要因は多岐に渡る

ストレスで悩む人

働く環境や住む環境が変われば、ストレスの要因も変わってくるのは当たり前ですよね。
例えば、単純に右利きの人が、左で箸を使って食べれば、それもまたストレスになります。

海外駐在員固有のストレスについてまずは整理します。

<海外駐在員のストレス要因の例>

  • 赴任前の引越・手続きがめんどくさい
  • 英語が喋れないことへの不安
  • 労働環境(激務、現地部下・上司など)の悪化
  • 出世・キャリアの不透明さ
  • 残留家族の心配
  • 日本への本帰任の手続きがめんどくさい

考えるだけでも、ストレスを感じますよね。
主なストレス要因を明確にして、解説していきます。

海外駐在員のストレス:駐在前の準備や残留家族

ストレス友達との別れ

海外駐在の準備が大変

初めて海外引越する方には相当の負荷がかかります。
国内での引越ですら大変なのに、今回は海外への引越であり、慣れない手続きが多くなります。

海外への駐在は、実際の出国から遡って、6か月前から準備を進めていく必要があります。
パスポートやビザの申請から始まり、引越や役所の手続きなどやらなければいけないことが多いです。

もし、駐在準備でストレスを抱えている場合は、参考記事で全体の流れを把握することが解決につながります。

▼参考記事:海外駐在の準備は早めに進めるべし!出国までの流れを徹底解説

日本に残留する家族と離れてしまう寂しさ

事情によっては、単身赴任を選択する人も多いでしょう。
奥さんの仕事、子供の年齢や受験など、総合的な判断をして帯同するか判断します。

今まで一緒に暮らしていた家族と離れてしまう寂しさや不安は、駐在期間ずっと付きまといます

会社のためにぐっと堪えている人も多いのではないでしょうか。
僕自身も経験がありますが、空港で子供とお別れをするのは本当に辛かったです。

ただ、有難いことに最近ではITの発達で、本当に便利なアイテムがあります。
単身赴任の方へ、僕が重宝しているアイテムを紹介しますので、少しでも寂しさを緩和してもらえたらと思います。

▼参考記事: 単身駐在者にはGoogleネストハブMAXが絶対おすすめな理由

海外駐在員のストレス:仕事面

平日のストレス

勤務時間が長い、時差がある

そもそも海外駐在員は多忙なことが多く、ゆえに勤務時間が長くなってしまうことも多いでしょう。

さらに時差がある国へ駐在する場合は、本社の日本との電話会議やメールのやり取りで、起きてから寝るまで、電話やメールチェックなどで四六時中携帯電話を手放せないことも多いです。

勤務時間の長さについては、ある程度覚悟をもってから駐在すべきですし、家族の理解も必要になります。
ただ、勤務時間が長いデメリットもありますが、海外駐在のメリットをしっかり理解すれば、頑張れます

▼海外駐在のメリット特集記事
参考記事①:【完全版】海外駐在員の給与を徹底解説!【駐在妻も必見】
参考記事②:海外駐在員がエリートコースで出世する6つの理由と落とし穴

現地の人間関係がうまくいかない

ストレス原因の大きな割合を占めるのは人間関係がうまくいかないことです。

日本の本社に比べれば、日本人駐在員も少なく、気の合わない人がいても、毎日一緒に過ごすことになります。
こじんまりとした組織の中で、現地スタッフとも人間関係が成立していないと、ストレスや不安の一因になります。

現地スタッフと信頼関係を作るのは、駐在員の一つの壁です。

毎朝の挨拶一つとっても、しっかりやれている日本人って意外に少ないんですよね。
一つ一つの行動が現地スタッフとの信頼関係を作るうえで重要になってきます。

▼参考記事:現地スタッフとの会話で気を付けるべきポイント

駐在王
駐在王

現地スタッフと上手に付き合うことができれば、駐在生活も2倍、3倍と楽しくなってくるぞ!

英語が喋れないことへの不安

ハッキリ言って、海外駐在員の一番のストレスは英語が喋れないことに起因してると言ってよいでしょう。

現地スタッフとの信頼関係も、仕事で最大限のアウトプットを出すにも、英語が喋れないことには海外駐在員は務まりません。

<ストレスがかかる英語場面>

  • 現地人社長へのプレゼン
  • お客さんとの会議・交渉
  • 現地人部下への指導・育成
  • プライベートトラブル時の対応(役所、交通事故、空港、病院、ホテルなど)

英語は業務だけではなく、プライベートにも影響します。
英語が喋れない誰とも話たくない家に引きこもるという悪循環の種にもなります。

あなたのストレスの要因が英語であるならば、今からでも英会話を始めませんか?

自己研鑽をすることで、自分に自信が着いて、ストレス耐性がつきます。

▼参考記事:海外駐在員はDMMI英会話を始めよう【現役駐在員の結論】

海外駐在がDMM英会話を始めるオンライン英会話はDMM英会話がおすすめ|海外駐在を成功させる/ビジネス英語で一生困らない


海外駐在員のストレス:休日

土日のストレス

海外駐在員のストレス6:現地での趣味がない

今のあなたの趣味が海外でも続けれるのかって考えたことありますか?
実は海外では続けることができない趣味って案外多いんですよね。

<海外ではやれない趣味の例>

  • パチンコ、スロット、競馬、競艇などのギャンブル
  • 街歩き、カフェ巡り
  • 車、バイク
  • 園芸、家庭菜園

自分の趣味が続けれなくなって、海外ではやることがないって人も多いです。
気の合う仲間もいなく、一人で土日を過ごすのは非常に窮屈ですよね。

僕も海外駐在で一人の時間が多くなって、趣味+副業目的にこのブログの運用を始めました
帯同している奥さんもブログ運用は非常におススメです。

▼参考記事①:駐在妻はブログを始めないと損!メリット4選とNG行動を解説
▼参考記事②:単身赴任のお父さんがブログを始めると、会社の辞令は怖くなくなる【海外駐在員必見】

やることがないから昼間から酒浸り

以外に駐在員に多いのは、朝や昼間からお酒を飲んでる人です。

そうなると、せっかくのお酒もストレス発散どころが自己嫌悪のループに陥って生活リズムを崩します。
駐在員とお酒の関係はきっちりしておかないと、アルコール依存症になり、健康を害してしまいます。

趣味もなくて、やることもない単身駐在員におススメなのはゴルフです。
歩きますし、体を使いますので、健康にも良いですし、仲間と話しながらワイワイやるので気分転換になります。

駐在の機会にゴルフを始めてみようかなという人も是非読んでみて下さい。

▼参考時期:海外駐在にはゴルフは必須!その理由とメリット

駐在王
駐在王

海外駐在は誰も自分の健康に気を使ってくれないので、お酒との付き合い方は非常に重要だぞ!

最後に

まずは自分がどのタイプのストレスに弱いのかを自己分析するのが良いでしょう。
海外駐在生活は、常にストレスと不安を抱えてしまうので、このように自分で要因を理解しておくと、対処方法も人ぞれぞれ最適化できると思います。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。